一昨日、ロシアで行われたワールドカップ2018最終戦での閉会式を一発目から盛り上げたのはプエルト・リコ出身のレゲトンアーティスト Nicky Jam(ニッキー・ジャム)でした。

1曲目では今大ヒットしている「X」を披露をしました。
知ってる方もいるかと思いますがこの曲にはコロンビア出身のレゲトン、ラテンアーバンアーティストの J Balvin (J バルヴィン)が一緒に歌っていますがここでは残念ながら J Balvin の姿が見れませんでした。

「X」は元々 J Balvin  が Nicky Jam に一緒に歌わないか提案をしたのが始まり、また一緒に歌うにあたり1つ条件があった、それは黒の服しか着ない ニッキー・ジャムにMVではカラフルな服を着るという条件でした。

そしてMVが公開された時、見事にカラフルなニッキー・ジャムが見れました。

 

J Balvin のお陰もあってこの「X」でNicky Jam も今大ヒット中だったのでJ Balvin なしでこの曲をワールドカップの舞台で堂々と歌うのかと思いきや、Tシャツにーーー!!

 

大親友の J Balvin の顔がプリントされているではないですか!!笑

これを見て本当にほっとした、というかやっぱりニッキージャムらしい演出をするなーって、笑顔になれるようなシーンがずっと見れて本当によかったです!

これを見たJ Balvin はインスタでこのように反応をしていました笑

 

そして「X」を歌い終わると今度はワールドカップの公式ソングの「Live It Up」を披露!この時に Will Smith(ウィル・スミス)やEra Istrefiも出てすごい盛り上がりました!

 

 

この後は最終戦、フランス対クロアチアが行われましたがもうこれで十分ワールドカップを楽しめた気分でいました笑

最後にパフォーマンスの映像をアップしておきますので見てなかった人はチェックしてみてください。