スペイン出身の歌手 Rosalia (ロザリア)がおととい最新アルバム “El Mal Querer” をリリースをしました!スペインだけでなく、今全世界で注目されている若手アーティストの一人でスペインでは「2018のアーティスト」として選ばれています。

ロザリアが初めて聞かれたのは同じスペイン出身アーティスト C.Tangana(Cタンガナ)と一緒に歌った “Antes De Morirme” でした。

魅力的な声、迫力ありながらなんだか優しく感じてしまう部分もあり一気に話題となり今では世界を飛び回っているほど大人気のアーティストとなっています。

5ヶ月前に今も大ヒットしている “Mala Mente” がリリースされたのですがこの時から今回のアルバムについてすごく興味あったファンも多いはずです。今見てもやっぱりかっこいいですよね。

YouTube には全曲公開されており曲それぞれに独特な雰囲気のもったジャケットデザインがされています。

ロザリアは「フラメンカ」というドラマにインスピレーションを受けて今回のアルバムを完成したと語っていたのですがまさに芸術的な内容となっています為普通に聞いてしまうと「うるさーい!」と感じてしまう曲もちょっとあるのかもしません笑

アルバムには11曲収録されていますが気になる他のアーティストとのコラボは一切なし!
7曲目の「BADGAD」はアメリカの人気シンガーソングライター Justin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)のヒット曲 “Cry Me A River” をアレンジされており多くファンがこの曲に注目をしています。

日本人がこの曲を聞いた時におそらくジブリを思い出すのではないでしょうか、、、。寝る前に聞いたらいい夢が見れそうです。

こちらが BAGBAD になります。

勢いの止まらないロザリアですがどうも日本ではあまり注目がされない、というかあまり紹介されないから人に情報が入らないんでしょうね。。
ロザリアが気になって検索した人がこの記事と出会えますように。

最新アルバム “El Mal Querer” は全ての音楽ストリーミングサービスで配信されていますので是非聞いてみてください。

なお、登録されていない方は YouTube からもアルバムを聞くことができますので是非チェックしてみてください。