ストリーミングサービスと言えば一番利用されているのは Spotify と Apple Music ではないでしょうか。

私自身この両方を今も利用していますがラテン音楽に特化しているのは一体どのサービスだろうか。
両サービスを利用してみた結果、いいところ、悪いところがありましたのでそれも踏まえて紹介をして最終的にどれがラテン音楽に特化していてどのサービスが自分に合うか少しでもヒントになればと思っています。是非最後まで読んでみてください。

・提供されている曲数や音質、どっちがいい?

Apple music が提供している楽曲は4,500万曲!そしてSpotify は4,000万曲になります。
ここではApple music の方が有利ですがラテン音楽を検索した時にほぼ100%の確率で両サービスで提供をされています。

邦楽を聴きたい時はだいたいApple Music の方が検索にヒットすることが多いですが新曲であれば殆ど両サービスとに表示されます。
それ以外は恐らく殆ど一緒です。

気になる音質について、
Apple Music が提供しているのは「最大256kbps」まで、Spotify は96kbps/160kbps/320kbpsと自動判別機能がついておりこの中から選択をすることができます。ただ、、、自分の耳が機械じゃない限りこの差に気付くのは本当に難しいと思います。。

ただ、スマートフォンで良く音楽を聴くのであればイコライザ機能のついた Spotify がいいです。
Apple Music の場合は、元々アップルが提供しているサウンドを選択をして聴くことになります。
ここでおすすめなのは「Electronic」。それ以外はマニアックでない限りオフの設定でいいかと思います。。

Spotify はイコライザ機能が付いていて便利!
私は音楽を聴く時はなるべく低音で楽しみたいタイプなのでこのイコライザのところで低音をあげておくといい感じになります。
これをするだけで全然 Apple Music より音質が良く感じることが出来ます。

 

 

結果、曲数はアップルミュージックの方が多いですが新曲が聴きたいのであればあれば両方ともほぼ一緒!

音質、普通に音楽を楽しみたいのであればこれもどちらも同じような気がしますが低音を楽しむのが好きな人、自分の好みにイコライザを調整したい方は Spotify がおすすめです。

・提供されているプレイリスト、機能や曲の管理の仕方はどっちがいい?

まずは Apple Music の機能についてですがアップル側が自分にあった曲を「For You」という所から常に自分にあったジャンルの曲、アーティストを紹介をしてくれる為に登録時に自分の好きな「ジャンル」を選び、「ジャンル」を選んだ後にその「ジャンル」の好きなアーティストを選択をしていきます。

なぜ何回も「ジャンル」に「」をつけているか。。アップルのここが一番気に入らなかった!
なんと、「ラテン」というジャンルがない!それ以外見るとマニアックなジャンルがたくさんあるのにも関わらずなんで「ラテン」がないのかが理解ができませんでした。ただ、海外のアップルではちゃんと 「LATIN」は表示されます。

ということで、最初の登録の時点ではラテンの次に興味のあるジャンルを選択をしていかなければなりません。
ラテン音楽愛好家としては本当にイライラすることだったのでアップルに問い合わせをしたら謝罪の返答しかありませんでした。。

今後追加されるのかは不明です。

Apple Music のジャンル、アーティストの追加が終わるとサービスをスタートすることができます。
この時、まずラテンのおすすめは一切ないのでいくつかラテンアーティストを検索をしてその曲に「ハートマーク」=ラブ、ボタンをつけることでアップル側がこれにようやく反応をして少しずつラテンに関連する曲やアーティストをおすすめをしてくれますがおすすめされる曲がいまいちです。。

上記説明してきた機能、実はSpotify にもあります、それが「Discover Weekly」
あなたが好きそうだけど、まだ聞いたことがない曲を毎週月曜にレコメンドしてくれる機能です。
ここで好きなジャンルの曲を新しく発見ができる!

そしてこれに似た機能として日本でもスタートしたのが「Release Radar」です。
Spotifyがあなたの好みを学習していくので、Spotifyを使えば使うほど、
より自分にあったプレイリストが毎週金曜日に1つのプレイリストにまとめてくれる。

この機能はApple Music の「For You」によく似ていますが Apple Music の「For You」は学習能力が低いのかもしれません。
Spotify の Release Radar では良くいい曲を発見をすることが出来ます。(もちろんラテン音楽です)

・Apple Music がおすすめしてくるプレイリスト

「For You」機能をしばらく使っていくとApple Music があなたの気に入りそうな曲のプレイリストをおすすめしてくれます。
私の画面ではこのようにおすすめが付いています。

「スパニッシュ・ポップ:リプレイ」ではヒットしたポップ曲を紹介をされていますがありきたりな曲で91曲紹介されています。
その他にも「レゲオン・ヒッツ」もありますがこれも話題のレゲトン曲が50曲ほどありますがこれもあまり興味がないので使っていません。

よくわかりませんが勝手に「キューバの新星」のプレイリストもありますがこれも微妙な曲が多くてあまり役にたたない。

「2000年代のラテン・ベスト」はジャンルの幅が広すぎて常に「次」を押してしまう、、結果これも今日がない。

一番右側にはヒップホップが紹介されていますが2013年の曲ばかりで新鮮さがなくて結局聞いていません。

中央には「ヘビロテ」とありますがこれは自分が一番利用しているプレイリストになります。

「ブレイキングラテン」では最新のラテン音楽を紹介をしてくれます、これは結構いいけど Spotify の方が早く情報来ます。
「NUEVA MUSICA」は自分で作ったプレイリスト、気に入った曲を全部この中に登録しているため一番聴いています。

最後は「ラテントラップ」とありますがこれは先ほど紹介をした「TRAP KINGZ」のチャンネルになります。

一番下には「月曜日のアルバム」とありますがあまり便利性を感じない。

ということで、Apple Music 側からおすすめされる曲、プレイリストはどれもがびっくりするものがありません。

 

一方Spotify ではこのようになっています。
ジャンルのところから「LATIN」を選ぶともうラテン祭り!

細かなジャンル、アーティスト、そして最新曲のプレイリストがあります。

「VIVA LATINO」 では今もっとも勢いのあるアーティストたちが紹介されています。
「Esenciales」ではラテンアーティストが海外のアーティストとコラボした曲がたくさん紹介をされています!
「 Radar Latino」では Spotify が発見をした新しいアーティストであなたにおすすめしたいプレイリストになっています。

 

そして一番右側は私の大のお気に入り!
「NEW MUSIC FRYDAY LATIN」毎週金曜日になるとラテンの最新曲がずらりと紹介されています!ここではジャンル問わず、ラテン音楽であれば全部紹介してくれるのでラテン音楽好きな人にはたまらないと思います!

それ以外にも下にスクロールをしていくとポップのカテゴリーがあったりラテンロックも発見をすることが出来ます。

アーバンのカテゴリーもあったりします。
アーバンのカテゴリー、ここではTRAPアーティストやラテンのHIP HOP をチェックすることができます。

細かなプレイリストがあるのは嬉しい、
例えば「Nuevo Flow」新人アーティストだけ紹介されていたり、
「Trap Queez」では女性のアーティストだけ紹介されていたり、
「Mother Funk」ではブラジルのファンク音楽も紹介してくれていまます。

さらに下に行くと今度はトロピカルのカテゴリーが表示されます。
ここではサルサ、メレンゲ、バチャータ、クンビアなど沢山見つけることが出来ます。
ここでも細かなプレイリストが作られており本当にラテンに特化しているのがよくわかります。

面白いことに、これらのプレイリストの右側には「もっと見る」ボタンがあってそこから更に色々なプレイリストを見つけることが出来ます。
カバージャケットがどれもがおしゃれで全部聴きたくなります。

ここで紹介をしているプレイリストは Spotify 公式が作っているプレイリストのため曲の並びがとてもセンスがいいです。

・検索プレイリストの表示数圧倒的に強いのは?

今回試しに Apple Music で「Salsa Colombia」を検索してみました。
結果、このようなプレイリスト「だけ」が表示されました。

これ以外にも「Salsa Cuba」なども検索をしてみたのですがおすすめされるのはプレイリスト4つぐらいでした。

思ったのが、Apple Music のラテン音楽のジャンルを管理されているのは日本人かもしれない。
プレイリストが日本語になっていて、マニアックな曲が多すぎるような気がしました。

一方、Spotify で同じ検索方法をするとプレイリストが永遠に下まで続きます。(スクロールするといっぱいでます)

誰もが簡単プレイリストが作られてそれをシェアをすることも出来ます。
お気に入りのプレイリストがればアップルミュージックも一緒ですが「フォロー」をするだけで次回からも
メイン画面から簡単に聞くことができます。

ということで、提供されているプレイリストや細かなカテゴリーを選んで音楽を楽しみたいなら Spotify が圧倒的に強いという結果になりました。

 

・Apple Music ならではの特権!

Apple Music のここが本当にすごくいいなって思うところです。
特にLATIN TRAP が好きならたまらないサービスかもしれません。

それが、今話題のラテンTRAPアーティストのラジオチャンネル「TRAP KINGZ」があるというところ。
Apple Music が提供している「BEATS1」のラジオ番組、アーティストを招いてそのアーティストが自分のおすすめの曲をDJのように紹介をして行きます。

「TRAP KINGZ」のチャンネルにはこのように表示されています。

 

今話題の Anuela AA が最新!
釈放からわずか3日目にしてTRAP KINGZ に登場をして最新アルバム “Real Hasta La Muerte” を紹介をしていました。
これには参りました、それ以外にもFuegoやJon Z 、Bad Bunny や Farruko、Ozuna なども参加しており1つの放送で1時間ほど聴くことが出来ます。

自分の好きなTRAPアーティストのおすすめをする曲を楽しみたい方は迷うことなく Apple Music だと思います。

 

・曲の管理、どっちがいい?

管理をするにあたり、やはり見やすさを求めますよね。

そうなるとやはり圧倒的に強いのはApple Music です、流石です。
白をメインにしておりアルバムジャケットもきれいに見ることが出来ます。シンプルでわかりやすい。
PCで見たときも、スマホで見たときもすっきりしててこの気持ちがいいです。アプリケーションを開いているだけでおしゃれです。

唯一の難点はこれ、、プレイリストの一覧を見た時にどの曲がかかっているのかが分からない。
そのため、次の曲は何だろうって分からない。。

 

Spotify では画面が黒、そしてジャケ写真は表示されません(再生時は左下に表示されています)
Apple Music と違い、再生している曲は緑色になっているので次の曲がどれなのかが一目でわかって個人的にすごく便利だと思っています。

ジャケ写真が見れるのと見れないので結構変わるかと思いますすので見やすさではやはりアップルがいいですね!
これはスマートフォンのときも一緒です。

Apple Music ではこのように表示されています

 

Spotify ではこちらになります、うーんですよね。。。
やはり見やすってなるとアップルミュージックがいいのかもしれないです。

 

もちろん、再生している曲のジャケ見たい時は両方ともちゃんと大きく表示はされます。

Apple music ではこちら

 

そしてSpotify ではこちら

 

お気に入りの曲を自分のプレイリストに追加したい時の便利さ

まずは Apple Music から、
これはPCの時だけが異なりますがスマホで操作をした時は Apple Music も Spotify も殆ど変わりません。

Apple Musicの場合、一番右側にある「・・・」にクリックをして追加したいプレイリストを選択をします。

パソコンで操作をした時にはこれが若干手間に感じてしまいます。。

一方 Spotify では左側に作ったプレイリストが表示されいるのでお気に入りの曲があったらクリックをした状態でお気に入りのプレイリストにドロップをするだけだけです。

Apple Music の時は左側にはプレイリストは表示されません。

 

 

 

・自分にベストなサービスは結局どれか。

両サービスを半年間利用しました。

見た目に拘るとやはりどうしてもアップルに走ってしまう、
スマホも iPhone を使っているからできればApple Music 1本使っていきたいがラテン音楽に特化しているのはやはり Spotify と感じました。

ブラウザで例えると Safari vs Google Chrome みたいな感じがしました。(SafariがApple Musicとして)

ここ最近のニュースで、Apple Music が Spotify を有料会員数で追い抜いたというのが話題にもなっていてやはりアップルミュージックはすごいなと思って流れに弱い私はまたしばらく1週間ぐらい Apple Music だけ!を使ってみたのですがやはりSpotify の毎週月曜日と金曜日に届けてくれる新曲が恋しくなりました笑

細いジャンル、カテゴリーで聴きたいときもやっぱり Spotify が強いような気がします。

今回紹介をしていなかったのですが Spotify には世界50カ国のチャート曲も聞くことが出来ます。
気になる国で今どんな曲が流行っているのか見れてそれを楽しめるのもSpotify ならではと思います。

Apple Music も魅力的な部分はたくさんありますが、もう少しラテンに特化してほしいと思いました。

これから Apple Music を解約をして、Spotifyだけで音楽を楽しんでいきたいと思います。

皆さんも自分にあったサービスを見つけて楽しんでいただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。