CNCOが日本デビュー決定ですよ!

日本でもあちこちでCNCO(シーエヌシーオー)のファンがいるようで日本でも可能性を感じられるレゲトンPOPグループと言えるでしょう!

彼らのことあまり知らない人のために、簡単に説明していきたいと思います。

CNCO(シーエヌシーオー)とは誰?

2015年にアメリカのラテンテレビUNIVISION が企画した歌番組 “La Banda” で結成されたレゲトングループです。番組の審査員にはプエルト・リコ出身でラテンの貴公子とも呼ばれている Ricky Martin(リッキー・マーティン) や スペイン出身のAlejandro Sanz (アレハンドロ・サンス)がつとめており、壮絶なオーディションに合格した少年たちがCNCO!

CNCOの意味は?名前の由来は何?

スペイン語では CINCO(シンコ) が「5」という意味、グループは5人で結成をされている為そのまま「5人」= CNCO という名前になりました。「i」があえてないのはオリジナリティーを持つため。

にしても日本語で彼らの名前を大声でなかなか言えないですね笑 正しい発音は 「スィンコ」ですが、彼らは最近の曲で自分たちのことは「スィンコ」と言わず「シーエヌシーオー」と呼んでいますので恐らくこの流れていくとグルー名の正式な呼び方は「シーエヌシーオー」になっていくんだと思います。

CNCOはどれぐらい凄いの?

どれぐらいって、ラテンアメリカの1Dとも呼ばれているぐらいだからその人気想像できると思います笑

2016年にリリースした初のアルバム “Primera Cita” がビルボード・ラテン・アルバム・チャートで1位を獲得しておりワン・ダイレクションの最高単曲MV再生数(「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」:9.5億回)を上回る13億回超えの大ヒットしました。続く2018年4月に発売した2ndアルバム『CNCO』で2作連続となるビルボード・ラテン・アルバム・チャート1位を獲得し、同作に収録されたリトル・ミックスとの英語バージョン「Reggaeton Lento (Remix)|レゲトン・レント (リミックス)」では、UKシングル・チャートにおいて最高5位を記録するなど、ヨーロッパ各国にもその人気を拡大した。(Via Rolling Stone ※ローリングストーンズに一部違う情報が入っているため訂正しています)


CNCOのおすすめ曲はどれ?

ファンなら全部いいと言うかもしれません、今回は世界的に最もヒットした曲を紹介していきます。
まずはこちら、”Reggaeton Lento” アルバム “Primera Cita” に収録されています。

▶︎CNCOの関連記事はこちらから◀︎

同じアルバムからは他に大ヒットしたのは “Tan Facil” 私個人的にもこれがすごく好きです!

曲のサビの部分

Porque tú me miras y yo, siento lo mismo que tú
(ポルケ トゥ メ ミラスイヨ 、シエント ロ ミスモ ケ トゥ)
君が俺を見るから、俺も君と同じことを感じてる

Cuando te miro siento que me estoy enamorando
(クアンド テ ミロ シエント ケ メエストイ エナモランド)
君を見ていると恋に落ちてるのがわかる

かわいい歌詞ですね、今度時間があったら全部訳していきたいと思います。

続いてはこちら! “Primera Cita” のアルバムに収録されています。

そして今年発売されたアルバム “CNCO” にはこちらの曲が大ヒット!

こちらの曲のリミックスにはブラジル出身のアーティスト Luan Santana が参加しています、ブラジルでも人気の高いCNCO、このコラボはブラジルのファンにはたまらない内容となっていました。

3月には同じアルバムに収録されている落ち着いたバラードっぽい曲 “Fiensta En Mi Casa” のミュージックビデオが公開されとても話題となりこちらも大ヒット!

勢いが止まらず、翌月4月にはレゲトンアーティスト Yandel(ヤンデル)(◀︎病んでません)とコラボで今も大ヒットしている曲 “Hey Dj” のミュージックビデオが公開されこれがまた爆発大ヒット!以前軽井沢のアウトレット遊びに行ったときに流れてましたね。


CNCO(シーエヌシーオー)メンバーの年齢、SNS情報について

プエルトリコ出身のサブディエル・デ・へスース、エクアドル出身のクリストファー・ベレス、ドミニカ共和国出身のリチャード・カマチョ、キューバ出身のエリック・ブライアン・コロン、アメリカ出身でメキシコにルーツを持つジョエル・ピメンテルからなる5人組で結成されています。今回一人一人のSNSと気になる年齢も載せておきますので気になる方はチェックして見てください。

Zabdiel de Jesús / サブディエル・デ・へスース(21歳)

1997年12月13日にプエルト・リコ、バヤモンで生まれました。
小さい頃から楽器に興味があり、ピアノやギター、ウクレレに触れていました。ザブディエルは “La Banda” で Camila の “Mientes” を披露して観客、そして視聴者から90%と高い投票をもらい見事に優勝しました!才能たっぷり!

SNS: (Twitter: @zabdiel1344 / Instagram: @zabdiel355)

 

Christopher Vélez / クリストファー・ベレス(23歳)

1995年11月23日、アメリカのニュージャージーで生まれました。
3歳の時にエクアドルに引っ越しをして18歳の時に仕事をするために再度ニュージャージに引っ越しました。おもちゃの工場に勤めてる時に “La Banda” のオーディション広告が目につき応募したところ優勝まで行き着きました。

SNS:(Twitter: @christophervele / Instagram: @christopherbvelezm)

 

Richard Camacho / リチャード・カマチョ(22歳)

1997年1月22日にニューヨークで生まれました。すぐドミニカ共和国に引っ越しました。下には弟が一人いて “La Banda” のオーディションには弟と一緒に参加、残念ながら弟は途中審査に落ち兄であるリチャードだけ追加、そのまま最後まで進みCNCOの一員に選ばれました。

SNS:(Twitter: @lumnayofficial / Instagram: @richard_lumnay)

 

Erick Brian Colón / エリック・ブライアン・コロン(18歳)

2001年1月3日、キューバのハバナで生まれました。
家族とアメリカのフロリダ州に移住した後 “La Banda” に参加したのだが特典が足りず不合格になる寸前で審査員をしていたリッキーマーティンが二回目のチャンスを与えてくれました。現在通信学校で勉強続けています。

SNS:(Twitter: @EricBrianColon / Instagram: @erickbriancolon)

 

Joel Pimentel / ジョエル・ピメンテル(20歳)

1999年2月28日にアメリカ、カリフォルニア州で生まれました。
4人兄弟の次男で家族はメキシコ系になります。2016年には学校を卒業しています。

“La Banda” に参加をした時 “Cien Ovejas” を披露したが審査員からはダメ出しされ代わりに Ed Sheeran の “I See Fire” を課題曲と出されていました。これを見事にい歌いこなして最後まで進むことができました。

(Twitter: @itsjoelpimentel / Instagram: @primejoel)


いかがでしたでしょうか!
CNCOはこれから日本デビューということである程度情報をまとめたつもりなので知っておくと便利かもしれないです☆

また、Twitter には日本のファンのためのCNCO JAPAN というアカウントがあってそこで彼らの最新の活動を日本語でシェアされていますので気になる方は是非フォローをしてみてください!日本のテレビ番組で紹介されている時の動画もアップされています。

最後に、今回の日本独自企画のデビューアルバムの情報について!


CNCO
日本独自企画デビュー・アルバム
『CNCO(ジャパン・エディション)』
発売日:2018年7月25日(水)
価格:2,200円+税
収録曲:「恋のレゲトン・レント」他、ボーナストラック収録
初回仕様限定ステッカー封入
日本オリジナル・ジャケット仕様
※収録内容詳細及び配信アルバムは追って発表予定

●視聴・予約・購入リンク
https://lnk.to/CNCOdebutJP
※配信アルバムは本国オリジナル2ndアルバム『CNCO』